2ハードウエア

 

{ハードウエアの5大要素}

ハードウエアとは、コンピュータ機器の機械的なデバイスの総称で、以下のように入力、記憶、演算、制御、出力の5大要素に集約される。

 

{各種デバイス}

・入力装置 : コンピュータ内に情報を取り込む装置。


キーボード

   
マウス          イメージスキャナ

 

・出力装置 : コンピュータ内部で処理された情報を出力する装置。

   

TFTディスプレイ       インクジェットプリンター

 

・記憶装置 : コンピュータ内の情報を記憶するための装置。主記憶装置と補助記憶装置がある。

{主記憶装置} 人の短期記憶に相当し、コンピュータが演算や制御中に利用する高速動作可能な記憶装置。主記憶装置の動作速度がコンピュータの全体の動作速度も左右する。一般的にICメモリーであるために、電源を切ると消えてしまう。ICメモリーには、読み書き可能なRAMと、読み出し専用のROMがある。

{補助記憶装置} 人の長期記憶やノート、手帳に相当し、主記憶装置を補佐したり、重要な演算結果などを永久的に記憶する。帯磁媒体や光媒体に書き込むため、電源を切っても記憶されている。一般的なものとしてハードディスクやフロッピーディスクなどが上げられるが、近年以下のような多様な媒体がある。


DVD-RAMドライブとDVD−RAMディスク


         CD-RWドライブ        


MOドライブとMOディスク

 

 

・演算装置、制御装置 : 四則演算や正否を判断する論理演算を行う装置を、演算装置と言う。各装置のタイミングや実効命令を解読し、適切な装置に実行指示を出す装置を制御装置と言う。一般的には、演算装置と制御装置はセットになっており、中央処理装置(central procrssor unit:CPU)と言う。


CPU(左G4、右PentiumVXeon)

 

{各種デバイスとハードウエアのまとめ}

ハードウエア・システムを体系的に書くと、以下のようになる。


ハードウエア・システム

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_